大府ぶどう狩りご紹介〜長根山のぶどう園や作るひとたちをご紹介〜
知多ぶどう物語

■ フルーツとしてのぶどう

 ぶどうと言えば、いちごやメロンと同じく今もかつてもちょっとしたぜいたく品です。
 フルーツという名前で食卓に上がり始めたのは、1960年〜1970年代くらいからでしょうか。
 ちょうど時代は、高度成長期にあり、日本人の生活ががだんだんと豊かになって行く頃です。
 今でも食卓にフルーツが上ると、ついつい嬉しくなるのはその頃の名残なのかも知れません。

■ 作り手の心

 今ではすっかり地元の名産として定着した大府・知多半島東部のぶどう。
 それまでは、品種改良、生育条件、土地改良など様々な思考錯誤の連続でした。
 そのおかげでようやく、現在ではおいいしぶどうをふんだんに食べていただける様になったのです。
 何もかが手軽で簡単に手に入れられる時代だからこそ、生産農家は一房一房のぶどうを心を込めて手がけています。

■ グルメ観光スポット

 愛知県の知多半島ではみかんやいちご、ぶどうを始め様々な果物が生産され、四季を通じてフルーツ狩りを楽しむことが出来ます。
 特に知多半島東部のぶどう園には、愛知県はもちろん東海三県、遠くは関西地方から多くの方が訪れています。
 巨峰、デラウェアの人気品種が味わえることもあって、ぶどう狩り園は観光スポットになっています。
 知多半島や隣接する西三河地域は、豊富な海鮮類や農産物、フルーツを楽しめるグルメ観光として多くの人に親しまれています。

■ 今どきのぶどうの食べ方

 ぶどうの食べ方と言ったら、そのままでいただくというのが、一番のおいしい食べ方だと思います。
 しかし、インターネットでいろいろ検索してみたり本で調べてみると、ぶどうを使った料理は思いの外たくさんある様です。
 例えば、巨峰ソースを使った鴨料理、ぶどうと季節のフルーツを使ったパイ、チーズと野菜などをあしらった前菜、中にはからし漬けというものもあります。
 どの様な食べ方にせよ、あのなんとも言えない甘く少し酸味の利いた、ぷちっという食感は変わりません。

ニュース&イベント〜ぶどう狩り情報をいち早くお届け〜